文系SEと彼女の人生は甘くないよ!

文系SEと彼女が日常のことを自由に発信していきます。

MENU

【2017年】会話形式でラノベアニメを面白く紹介していくぞ!【おすすめアニメ化】

スポンサーリンク

 

こんにちは。文系SEです。

 

皆さんアニメ見てますか?

ぼくはめっちゃ見てます!学生のころも良く見ていたんだけど

社会人になってからの方がよく見ています!

 30分以内で終わるってのもまた丁度よい長さだよね~。

 

んでんで、

最近、ラノベアニメって多いよね!

最近ていうか結構前からだけどw

なので僕の偏見と独断でおすすめラノベアニメをまとめました!!

 

彼女からの意見も取り入れてみたので

女性の方もぜひ最後まで読んでみてね~!

 

女性目線担当するよ~!

 

 

 この素晴らしい世界に祝福を!

不慮の事故で命を落とした高校生の佐藤和真は、天界で女神アクアに異世界への転移を持ちかけられる。アクアは「異世界には望むものを1つだけ持っていける」と異世界転移の特典を持ち出しながら勧誘するが、アクアの態度があまりにも和真を味噌っかすに馬鹿にしていたために和真は激怒し、アクアを「異世界に持っていく"もの"」として指定する。

こうして、アクアを連れて異世界「アクセルの街」に降り立った和真は、運だけが異常にいい平凡な冒険者となり、運と知性は最低だがそれ以外の全ステータスが高いアクアは、アークプリーストとなる。その後は、個人が使用できる最強の魔法「爆裂魔法」の使い手だが、1発撃つと動けなくなるアークウィザードめぐみんと、見た目は美女だが、妄想癖のマゾヒストで攻撃が当たらない変態クルセイダーダクネスを仲間に加えて冒険者稼業を行い、彼女らの行動に振り回される日々を送っていた。

しかし、思った以上に留まるところを知らない彼女らの問題行動は、魔王軍とのトラブルや、悪徳領主との金の殴り合い、最後は魔王の討伐におもむき一騎討ちなど、さまざまな波乱にカズマを巻き込んでいく。

この素晴らしい世界に祝福を!wikipedia

 

まーた異世界物かい!!もう私はいいや!

ちょちょ待って!面白いらしいから見てみようぜよ。

 

まぁ、正直僕もまた異世界物か~。

もう異世界物はおなかいっぱいだな。と思っていたのですが、

色んなサイトを見てみると評価が高いので見てみることにしました。

 

結果、二人して

次の話いくぞぉぉぉ!はよせいやぁあ!

夜は長いぞ!!!目薬持って来いやぁあああ!

 

てな状況になりました。

コメディ要素が強い?のでそっち系好きな人には特におすすめ!

 

 

 化物語

高校3年生の少年・阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、ひょんなことから2年間ろくに会話すらしたことがない病弱なクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。なんと彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。

暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。

実は暦もひたぎと同じような奇妙な体験をしており、その時に怪異に詳しい忍野メメという男の力を借りたのだった。暦とひたぎはメメに相談するため、彼の住む学習塾跡の廃墟ビルに向かう。メメによるとひたぎの体重を奪った蟹もやはり怪異であるという。ひたぎはメメの力を借り、自分の体重を奪った怪異と再会するのだが、それには彼女自身が封じたある過去の秘密が関係していたのだった。化物語wikipedia

 

僕がラノベアニメで一番好きな作品でアニメをここまで深く見始めるきっかけになった作品です。

最初の一話を見た時の感想は

早口だし、展開急だし、なんか見づらいし、つまらん!

と思ったのですが、一応人気作品とのことだったので我慢して二話目を見た辺りから

 

あれ?面白いぞ?ん?とりあえず次の話見てみよう…

 

そんなこんなで僕は忍が好きです。はい。

 

本当に早口なので、

始めはイヤホンかヘッドフォンを付けてみる事をおすすめします!

 

ソードアート・オンライン

2022年、ユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。プレイヤーの一人である少年キリトは、絶望的なデスゲームをクリアすべく、戦う決意をして旅立つ。それから一か月が経過し、2000人のプレイヤーが死亡し、ベータテスト経験者たちでさえ第1層を突破できずにいた。しかし、キリトがボスの技を見切り、第1層をクリアする。しかし、ベータテスト経験者ならなぜ教えなかったのかとベータテスト経験者たちへの非難が膨れあがり、その非難を自分一人に向けるため、チート紛いなベータテスト経験者『ビーター』の汚名を自ら名乗り、ひたすら最前線で戦うキリトは、同じく攻略組として戦い続ける少女アスナと出会い、互いに心を通わせてゆく。ソードアートオンライン wikipedia

 

これも異世界物なんですが、

個人的には異世界物の中では圧倒的に好きな作品です。

キリト君がかっこいいんですよ。強いし。

ヒロインもかわいいししっかり恋愛要素もあるのでそこもまたいい感じです。

 

一周目は一人で見て一年前に二周目を彼女と見たのですが

 

☆一年前☆

まぁ普通に面白いね!

だろー!

 

☆最近☆

SAOの映画やるらしいから見に行こう!!

内容覚えてない。

 

えぇ…なぜ…?

三周目を見てから行くことになりそうです。

 

ノーゲーム・ノーライフ

『 』(くうはく)――それはあらゆるゲームで連勝を重ね、チート、アシストツール等どんな手段を使っても勝てないとされる天才ゲーマーの名前であった。あらゆるゲームで無敗の記録を持つことから一部では都市伝説とされている。その『 』の正体である空と白は、ある日「生まれてくる世界を間違えたと感じたことはないか」と書かれたメールを受け取る。世界を「クソゲー」と呼ぶ『 』の答えを聞いたメールの送り主・テトは『 』を自分の世界へ召喚する。そこは知性ありしモノと主張する【十六種族】と世界の絶対法則【十の盟約】の下に、『 』が夢見ていた、この世の全てが単純なゲームで決まる世界――盤上の世界(ディスボード)だった。ノーゲーム・ノーライフ Wikipedia

 

あっ!!ノーゲーム・ノーライフだ。空!かっこいいよね!

 

意外とノーゲーム・ノーライフ好きだよねw

ちょこちょこ恋愛要素があるのもいいんだよねー。

(ちょこちょこエロいのもね)ニヤリ

 

ゲームと言ってもテレビゲームで争う訳ではなくて

ボードゲームとか頭使うゲームな所もいいです!

男女問わず観ることが出来るよ~。

 

ノーゲーム・ノーライフの真似をしてゲームアカウントの名前を『 』にしたのは良い思い出w

男ならやるよなぁ!?

きつ。

 

とある魔術の禁書目録

超能力が科学によって解明された世界。能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると語る。こうして上条当麻は、科学と魔術の交差する世界へと足を踏み入れていく。とある魔術の禁書目録Wikipedia

 

【とある】この名前を聞いたことある方は多いのではないでしょうか?

あーそういえば、私も名前は聞いたことあったわ。

バトルアニメなのでそこがクリア出来ればまずまず面白いです!

ていうか禁書目録が放送されたの2008年なんだね… そんな前だったんだ。

いま見ても全然色あせない作品なので見てみてちょ。超電磁砲にもつながってるよ~。

 

魔法科高校の劣等生

 

かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「一科生」の妹と、その補欠である「二科生」の兄が入学した時から、卒業するまでの物語である。四葉家という秘密主義の家系の次期当主候補として将来を縛られた妹・深雪と、そのガーディアンとしてやはり束縛されている兄・達也が、自分たちの自由を掴み取ろうとする物語が大筋となっている。兄妹の高校在学期間を舞台とし、「優等生」も「劣等生」もひっくるめた、学内・学外を問わない多数のキャラクターの物語が繰り広げられる。魔法科高校の劣等生Wikipedia

 

握ったメッセージぃ! that’s rising hooooope!!!

 

魔法科高校の劣等生だー。丁度今年見たばかりだよね~。

 

うむ。どうにも妹の深雪が好きになれなかったんだよな~。

 

こちらは学園バトルのアニメです!

主人公強えーな作品なんだけど冷静な性格のおかげでそれが嫌に感じることはなかったよ!途中で学園祭の話があるんだけどそこが少しあんまりだったかな~。

 

でも、

絵はきれいだしバトルも壮大なので見てみて損はないと思うよ~!