人生は甘くないよ!

日常のことを自由に発信していきます。

【社内SE】デスクワークの仕事が暇すぎて毎日つらい

こんにちは。

最近、仕事が暇すぎるので今の心境を残しておく。この記事も仕事の合間に書いてる。

 

現在の状況を説明する。

私の仕事はデスクワークなのですが、ガツガツとプログラミング開発をしたりするというよりは、毎月やる事が定常的に決まっていてそれを問題がないように捌く仕事。いわゆる社内SE(小規模)です。手順書があればほとんどの人が出来る作業が多く、頭捻って行う作業は全作業の2割ぐらい。

 

就業環境は9時〜18時の勤務時間で残業は月に10時間以内で有休も好きに取得出来て人間関係も悪くなく、年収も20代前半にしては満足であろう400万円代です。ただ、やる事が単純なので仕事のやり甲斐は一切ありませんし、今後もこのような状態が続くことを考えると将来が不安です。生きるために毎日会社に行っている感じ。

 

ニュースを見ていると過労死や人間関係に疲れての自殺などが、毎日のようにありますのでそういった方に「贅沢言うなよ」と言われそうですが。許してね。

 

先日、あまりにも暇すぎたので、私と同じような悩みを持っている人はいないのかと疑問に思いGoogleで検索をかけました。暇つぶしの方法が知りたい訳ではなく、正社員で暇な人ってどのくらいいるのだろうかという疑問を解決したく。

 

「仕事 デスクワーク 暇」検索。

 

結果、思った以上に同じような悩みを持っている人がいることに気付きました。Googleの検索結果が全てではありませんが、それをみて少し安心してしまいました。暇なのは自分だけじゃないんだなと。

 

検索結果には暇な時の解決策が書かれた記事が、多くを占めていました。いわゆる暇つぶしの方法をまとめた記事。具体的な内容は、資格の勉強や上司への相談やネットサーフィンなどが挙げられていましたが、そもそも暇つぶしの記事を探していた訳ではなかったので悩みの解決には至らず。

 

ただ、その中で参考にしようと思ったことが1つありました。「外国人は仕事が暇な時にはそれを受け入れてやりたいことを堂々とやる」というニュアンスの内容です。実際にこの言葉で書かれていた訳ではありませんが、私はこのように解釈をする事にしました。

 

話が少し変わりますが、仕事が暇で悩んでいる人のタイプには、2つあると思っていて、1つはとにかく早く帰りたい人。もう1つは暇という現状に焦っている人。このタイプの違いは他人と自分の環境を比較しているかどうかです。前者は早く帰ってプライベートを充実させたいだけ。後者は誰かと比べた時に自分の仕事が充実しておらず、将来に不安があるから焦っている。私は後者でした。

 

私は暇つぶしがしたいというよりは、周りやネット上の様々な人と比べた時に成長出来ていない自分に悩んで、ただボーッとしているのには耐えられないのです。暇な時間があれば勉強していたい。エンジニアよりの職業だからなのかもしれませんが、歳を重ねるごとにこの不安は強くなると思っています。てか強くなっている。

 

そこで、先ほどの内容です。「外国人は仕事が暇な時にはそれを受け入れてやりたいことを堂々とやる」もう少し細かくいうと暇という事に焦らず、仕事がないのは上司のせいで、自分は悪くないと考え、暇な時間に自分のやりたいことをやることが当たり前のようです。勉強だろうがゲームだろうがとにかくやりたいことをやるのです。

 

日本にも同じような考えの人はたくさんいるのかもしれませんが、私の周りには仕事がないのであれば、上司に相談。それでも仕事がなければ毎日をやり過ごす。要は日本人ぽく波風立てないように過ごしてコソコソと会社の席に座って時間が過ぎるのを待っている。そんな人が私を含め多いです。

 

この内容を実際に外国人に話を聞いた訳ではないのだけれど、何故かスッと納得をしてしまい仕事が暇という現状に焦ることを辞めて一旦受け止めてみることにしました。

具体的に何をしているのか

さて、暇という現状を受け止めたので危機感というか会社にいる時の申し訳ない感覚は少なくなりましたが、暇は暇なのでなんとか対策することにしました。数週間経ってのいまの会社での過ごし方を書いてみる。

 

9時〜10時:メール確認、1日のタスク決め。

10時〜10時10分:休憩所にてスマホ

10時10分〜11時:定常業務を無心でこなす。

11時〜11時10分:休憩所にてスマホ

11時10分〜12時:昼休憩に備えてだらっとする。

12時〜13時:昼休憩

13時〜13時10分:休憩所にてスマホ

13時10分~14時:会議という名の雑談

14時~15時:定常業務を無心でこなす。

15時~15時10分:休憩所にてスマホ

15時10分~16時:調査という名のネットサーフィン/資格勉強

16時~17時:定常業務を無心でこなす。

17時~18時:帰宅後に快適に過ごすための計画を行う

 

稼働時間3時間です。毎日このようなスケジュールではないですが、まあ大体こんな感じ。少し前まではスマホをいじる回数はもっと少なかったし、いかに効率よく仕事を進めるのかを考えていました。でも今は学生みたいな過ごし方をしている。

 

上記のようにガラッと生活を変えてみたけれど、正直いまの過ごし方には慣れていないし、焦りみたいなものはまだまだ残っている。でも、適度にこんな過ごし方を取り入れるのはありだなと思ったし仕事は適当にやれ。という言葉はまさにその通りだと思った。スマホいじる時間にKindleで読書とかもいいと思う。

 

まとめ

だらだらと書いてしまいましたが、結局何が言いたいかというと「仕事が暇でもそこまで焦る必要はないと思うし、暇な時間に自分の為にやりたいことをやろうぜ」ってことです。まあそもそも、仕事が暇なことに焦っていない人からしたらどうでも良い記事だけれど、私と同じで少なからず焦っている人はいるのかなと思ったから記事にした。

 

ちなみに今日も暇だった。月末月初は忙しいけどね。