人生は甘くないよ!

あすもちと彼女が日常のことを自由に発信していきます。

【PS4/PSVITA】感想・評価・レビュー!オカルティックナインをクリアしたよ!

人気記事!1. 【2017秋アニメ】35作品を1話だけ見て分かった、今期見るべきアニメはこれだ!【オススメ】


スポンサーリンク


こんにちは。あすもちです。

 

今回の記事は、【オカルティックナイン】略称:【オカン】のPS4版を一周クリアした感想です。

 

※ネタバレなしです。 

 

ではいこう!

 

 

【PS4/PSVITA/XBOXONE】オカルティックナインの感想・評価・レビューの事前情報

 オカルティックナインの基本情報は以下の通り

開発元:5pb.

ゲームジャンル:超常科学アドベンチャー

対応機種:PlayStation 4 、PlayStation Vita、 Xbox One

 

【あらすじ】

世の中にあふれたオカルトというインチキを科学的に暴き、論破しようとする者たちが集い、論争するブログ「キリキリバサラ」。 我聞悠太(がもん ゆうた)は「キリキリバサラ」の運営者。 その崇高な目的は、オカルトをネタにアフィリエイトで稼ぐこと。

 

5pb開発のゲームをやるのはシュタゲぶりです。ロボノ、カオスチャイルドも購入したのですが、シュタゲの余韻が残りすぎて、いまいちハマる事が出来ず積みゲーとなっています。

 

てなわけで、僕にとっては、久しぶりのアドベンチャーゲーム。開封前は楽しすぎました。

 

アニメは未視聴なので既にアニメを見ている方にとっては、詰めが甘い感想になってしまうかもしれませんが、大目に見てね。

 

ちなみに、シュタゲと世界線は別のようです。

 

オープニング

 

オープニングについて。

 

5pbらしいオープニングでした。カットインがたくさん使われていて、様々なシーンを見ることができます。

 

やればやるほどに、「あのシーンは何のシーンなんだ?まだ見てないぞ。。」とプレイユーザーの興味を惹きますね。いい感じ。

 

あと、胸にドンドンと響くような曲調でそれもまたよい。音楽は詳しくないのでなんてジャンルなのかは知らないけど。。

 

全体的な絵面(UI)について

 

全体的な絵面(UI)について。

 

「バクマンとペルソナ5を織り交ぜたゲームみたいだな」というのが素直な感想でした。

 

どんな、感じなのかといえばこんな感じ。

f:id:asuro_life:20171113181956p:plain

 

雰囲気が似てるよね。文字の感じとか。他のサイトの感想なども見てきましたが、やっぱり同じことを思っている人もチラホラといました。

 

こういった絵面は個人的には好みなのでよかったですが、手抜き感は感じてしまうよね。

 

なんで同じようなUIにしたんだろう。。リスペクトなのか、お金がなかったのか。

 

システムについて

 

ゲームシステムについて。

 

PS4版をプレイしましたが、とにかく文字が小さい。見辛いです。

 

文字を見ながら、キャラの動きも見るので視点が上下することが多々あり疲れました。後半からは、ほとんど文字の部分しか見ていません。

 

アップデートでもなんでもいいから、文字の設定を追加してほしい。(設定するところなかったよね…?知っている人がいたら教えてください。)

 

PSVITA版とかだと、もっと小さいと思うから購入するならPS4版をおすすめする。

 

ただ、寝転がってやるとか、外出時もプレイすることを考えている人ならばPSVITA版になるのだろうけど。。

 

f:id:asuro_life:20171113182044p:plain

また、今作では「アフィトリガー」というギミックを使用してブログの記事になるようなワードを集めたり、「スカイセンサー」というラジオを使用して「マスターマストマーダー」というもの見ることができます。

 

二つともルート分岐に関わってくるのですが、「なんだか、億劫だなぁ。」と思いました。

 

「アフィトリガー」は使用する場面がいくつかあるのですが、「スカイセンサー」はタイミングが分かりづらいです。残念。

 

無理やり、ギミックを追加しなくても良かったのでは?

 

主要キャラとキャラデザについて

 

続いては、主要キャラ2人の感想です。

 

まだ、1周しかしていないのでキャラの本質はみえていないと思いますが、現時点で率直に感じたことを書く。もちろん、何周かした後に感じたことが変わったのであれば追記します。(絶対変わる。)

 

我聞悠太(がもた)(CV:梶 裕貴)

f:id:asuro_life:20171113182119p:plain

今作、主人公。「キリキリバサラ」の管理人です。 

 

最初は、使用する言葉や振る舞いから、よくある少しオタクな主人公という印象を持ちました。

 

ただ、芯が一本通っていて自分の意見もしっかりとしている場面を見ることが出来たのでよかったです。時折、見せる真面目な表情がいい感じのギャップでかっこよく見えました。

 

成沢稜歌(りょーたす)(CV:佐倉綾音)

f:id:asuro_life:20171113182156p:plain

 

胸がでかい。いやーでかい。でかすぎる。

 

なんだ?最近はこのくらいでかいのが流行っているのか?久しぶりにこんな胸がでかいキャラを見ましたよ。さすが、5pb.

 

いまだにあの胸のでかさの良さがあまりわかっていないけど、「まぁ、小さいよりはいいよなぁ!?」派なので。良しとしましょう。

 

りょーたすが、いることにより話が前に進み辛い部分もありましたが、それがこのゲームの良さでもあります。

 

キャラデザはPakoさんです。すごくキレイな絵を描くので勝手に女性だと思っていたのですが、男性でした。びっくり。

 

FGOのキャラなどを書いていますよね。

 

キャラクターは人物もデザインもとても良かったです。

 

アニメを見ていなくても楽しめるか? 

 

続いて、「アニメを見ていなくても楽しめるか」です。

 

他のサイトを見ていると「ほとんど、アニメと同じ展開」という意見が、多かったのでむしろアニメを見ていなくてよかったなと思いました。

 

アニメを見ずにゲームだけを楽しむのもよいと思います。

 

小ネタ

 

小ネタを紹介します。

 

・「スカイセンサー」は実在する

シュタゲの時も実在するPCを使用していましたが、同じようにオカルティックナインで登場する「スカイセンサー」も実在しています。

f:id:asuro_life:20171113182249j:plain

 

・タイトル下の英語について

f:id:asuro_life:20171113182315p:plain

タイトル下に英語が書かれているのですが訳すとこんな意味を持っています。

There are no such thing as ‘occult’.

オカルトなんてものはどこにも存在しない

it can be disproved all by science.

それは全て科学で反証をあげることが出来る

only the one who have accepted everything can get the right to know the truth.

すべてを受け入れたものだけが真実を知る権利を得る

 

・りょーたすが発する言葉「いししゅ~」はどんな意味なの?

まゆりの「とぅっとぅるー」と同じような感覚のようです。あんまり意味はないのかな。

 

まとめ

 

総合的な評価は★★☆☆☆です。

 

キャラは好きだったのですが、シナリオとゲームシステムに納得が出来ませんでした。。

 

ただの、選択肢での分岐でも良かったんじゃないかと思うレベル。

 

まだ、一周しかしていないので評価が変わる可能性はありますが、全体的に少し微妙だったかなぁ。。

 

気になっているならば、購入しても良いと思いますが、期待して購入するのはやめた方が良いかも…!

 

 

※他のルートプレイ後、追記するかもしれません。 

 

ではまたっ☆